スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モカの心臓

最近夜になると
モカの足音が聞こえます

モカは私に隠れて
ココアの水を飲もうと必死だったので
そのときの足音が毎日のように聞こえるのです

ママはもう何も言いませんよ
モカいっぱいお水のみな
もうつらくないんだよね?


モカの病気の記録を少し残そうと思います
同じ病気で同じようにしてるわんちゃんも多いと思うのと
モカという存在がそこにあった記録と記憶・・・

モカが発病?の気?を感じたのは
記憶をたどると
たぶん3、4年前

特に何もないところで
コローンと転ぶ?ようになってしまって
そのときは脱臼だったり
そうじゃなかったり
脳?の病気?とも思ったけど
犬の場合脳検査みたいなのは
困難な場合が多く
人間のMRIみたいなものを使って
脳の検査をするのは
車1台ぐらいの費用がかかるので
あまりお勧めしませんって言われたのを覚えています

どうしても・・・の場合ははっきり費用は言いますが。。という感じだったので
そこまでの検査はしませんでした

ただできる範囲の検査をいろいろしてもらい
そのころはこれという決定的に悪い場所はなかったように
記憶しています

それから数年後
たぶん下痢とか軽い病気のときに
いつも行ってる医者から
モカもココアも心音が
少し気になると言われ
紹介状を書いてもらって

モカもココアも1泊での検査をしてもらいました

この時は2匹同時だし
せっかくだし
シニアになる年齢なので
ということで
横浜市の大船のいろんな分野での最先端高度医療の犬猫病院で検査しました
看板に神奈川で一番の高度?高額?をうたっているような書き方をしていたので
少し敷居が高かった・・・
確か2匹だったけど10万ぐらいの費用だったと思います

そこでひっかかったのが
モカでした
心臓弁膜症になってますということでした

人間もシニアになると多いですが
加齢が原因なのかどうだったか
忘れてしまいました

でもその時はまだ薬とかを飲むほどではないといわれて少し安心しました

その年のフィラリアの検査の時だったか翌年だったか
ワクチンの注射の時だったのか
忘れちゃったけども

主治医が悪くなってる気がするというので
また今度は心臓だけを
モカココア同時に超音波と血液検査とレントゲンなどの検査をしてもらいました

やっぱり引っかかったのはモカ
すい臓が水が溜まってしまっているので
それを抜く手術みたいなものをしてもらいました

その時はその水がそうなってると
モカはどう感じてるんでしょうか?って聞いたら
医者が
人間で言うと
足のつかない海でおぼれながら泳いでいるような状態
その時の心臓とすい臓がアップアップ苦しんでる毎日のモカ

そんな説明でした

でもやっぱり薬はまだ飲むほどじゃないので・・といわれたので
セーフという気持ちで帰ってきた覚えがあります

その2,3年
同時に私が大病して入院したり手術したりして
モカとココアが寂しい思いをいっぱいしたと思うので
本当に長く感じるのは入院中だけで
毎日が凄く早く進んでいくような日々だったと思います


5489958_652467776_1large.jpg

赤ちゃんのころのモカ、小さいころから病気がちでした。

犬の心臓が苦しい時の様子は
咳払いをしているような感じの時が
多くなったら負担になってきているといわれていたので
それを感じた去年の夏の前

気になる咳をしている日があったので
連れていったら
急激に悪くなっていたようで
医者から
「外の散歩はしないように、それぐらい今は危険な状態です。
部屋の温度は一定にしてください」と言われ
薬を今から処方するか
手術するか選んでくださいと言われ
今から薬を飲ませたほうがいいのか聞いて
「飼い主さんの判断ですが、モカちゃんが楽になるなら飲ませたほうがいいし、
でも専門医で手術すると200万ぐらいは覚悟して下さい、心臓が治って5年10年。モカが生きてるとは
思わないでください。薬をはじめたらモカちゃんの場合はお母さんがつききりになってしまうと思いますので、
それこそ判断を任せます」みたいな話をされました

ココアとモカを別の部屋に置く場合やモカだけゲージで生活させるとも言われましたが
それはどちらも可哀想なので無理だとお話したと思います

そのときは自分の1年目の検査入院か何かの予定があったので
少し時間をくださいと言って帰ってきました。


それから秋口にやっぱりモカの心音がココアに比べると明らかに違うので
一度医者に行って薬を始めたのでした

その時に医者に
人間で言うと
モカの心臓の状態をがんのステージにしたら
どれぐらいですか?と質問したら
3,9と言われた記憶があって

あの薬を処方という話があったときは
すでにそんな状態でしたと。

その付近で
もかちゃんママに泣きごとの電話を一度入れた記憶があります
「モカ今夜が峠みたいなこと言われたーーー」って

この時は気がつかなかったけど
亡くなってから
モカの心臓の薬を
13歳になる実家のチワワにあげたら
ドナの毎日飲んでいる量がモカの4分の1でした
ドナのほうが体重があるので
モカの心臓はドナの心臓の悪さの4倍?ぐらい悪かったってことかな・・・・

ドナはもう3~5年も薬を飲んでいるのに
現状維持で・・・なんか悲しい・・・・ドナには長生きして欲しいけど。

心臓の薬を飲ませると
本当に水分をほしがるんです
それはその薬を使う前から
いろんな人から聞いていました。

それプラス利尿剤でおしっこの量が多くなっているせいで
余計に水が飲みたいモカ

でも最初は30mlがモカのお水制限でした
3日間ぐらい荒れ狂ったみたいに
床(水があった付近を掘る掻く・・・・・毎日
原爆被爆のような光景なのか??水・・・水
水をくださいと訴える目。
見かねた私が医者に電話をしてどうにか50mlに量を増やしてもらったけど
本当に微々たる物

50mlを一日何度か
お皿に入れてあげても1,2回舐めると
水がなくなってしまうので

まだまだほしいアピール

ほんと可愛そうだった

夜は
モカもココアも同時に
強制水抜きなので
私が眠さでおきてまであげれないので
枕元にお皿にモカ用に5mlぐらい
ココア用に結構大目に用意して
あまりに騒いだ時だけ
それをあげる日々

昼間はずーーーっと喉が渇ききってるモカ
特にモカは夏場でもエアコンの部屋より
西日の当たった窓のそばで寝るのが好きなタイプ・・・
あったかいとこで寝ると余計に乾ききっちゃうのに。。。

空っぽにしてあるお水の入ったお皿を
何度も何度も舐める姿や
ココアには隠れて普通にあげているのを
横目でじーーーっと覗き見ていたときの
モカの嫉妬した顔
水のお皿までもしかしたら??って期待を持って
私にばれないように忍び足で皿に近づくモカ。。。

辛そうだった。

その生活をずっと続けていたら
今年の春前
モカは咳をまったくしなくなったので
パパが「モカ去年と思うとほんと元気やなー」と
病院に薬がなくなったので連れて行くと
様子を伝えて体重が増えていたので
先生も「体重が増えるぐらいならまだ大丈夫」との言葉をもらって
私もほっとしたのを覚えています

でもモカの水制限はずっと続いていて
一日に本当に何度も
お水のお皿を覗きに行くんです

そのころは
私にばれないように
ほんとうに忍び足で・・・・
空っぽなのはわかっている私は
モカの姿を見てて本当に可哀想で辛かった。

お皿はいつも空っぽなので
心の中で
モカ泣いてたんだと思う。

その心臓の薬の効果のための利尿剤を使ったせいで
今度は腎臓の数値が思いっきり悪くなった日があって
血尿を出したので、
その日も入院。点滴を2晩つけっぱなしで。。。

あちらをとれば・・・こちらが・・・
でモカの体はまったくよくはならないけど

それでも咳払いは確実に減ったのを確信したし
去年の夏
何度もひっくり返ってぶるぶる震えてたモカに比べたら
本当に今年の夏は普通に過ごせました

パパがよく言うのは
「モカがうちに来た頃、9年なんて持つと思わなかったんだから、
長生きしたほうなんだよ」と・・・
確かに小さい頃のモカは
週に何度も医者に通うほど
体の弱い仔で
ついでに関節まで手術して。。。
そう思えばそうなのかもと思ったりもしますが。。。。。

話を戻して
ここで
私が油断した

モカがあまりにも水を欲しがってるし
夏で暑いんだからと

ココアのお水だけ

いつもの場所に
おきっぱなしにした

モカが隠れて飲んでいるのを
見てみぬふりをした
その後少したって
心臓の音が大きく感じて
あわてて医者へ

でも水のことは黙っていた

私が面倒だから
モカが欲しがりすぎるから

ココアは普通の仔より
水多く飲むから
ほとんどココアが飲んでるんだから
モカは少しだ・・・って

頭の中で
勝手にちゃんとやってますみたいなふりをした
医者に嘘までついてまで
モカに水を飲ませてあげたかった
これは飼い主としては
紙一重の行動なのに
我慢に我慢を重ねて
1年のところを1年半にするか
一日でも長く。。。って思うか

好きなだけ飲ませてあげたいって思うか・・・


本当に心臓病が発病してからは
モカと水との戦いのような日々でした


そして
亡くなる前日
暖かかった昼間のうちに2匹つれて散歩して
何も思ったか
私がけっこう遠くの公園まで行って
モカとココアにあったかいねーって話しかけながら
広場で2匹のリードを離したら
モカ凄く楽しそうに
走り回ったんです

いいのか?いいのか?って
自問自答しながら
笑っているように見えるモカを久々に見た気がして
ほんの10分ぐらいだったけど
モカとココアと一緒に
いっぱい追いかけっこして遊びました

帰りはモカは私の抱っこで
半分散歩しないで帰宅。

モカ楽しかったのかな

でもそのランが引き金になってしまったのかな・・・

夜な夜ないまだに
後悔と納得と
格闘している母です


ミソノ並みの長くなりました
いったん終わります
3日にわけてこの日記は書きました

次回でモカの最後の日の話になります







スポンサーサイト

ご報告

ご無沙汰しすぎで申し訳ありません


ついでに言うと
最近はマルプー会もご無沙汰で出席できていませんでした・・・・・


重ね重ね申し訳ありません
その日の場所や連絡をとってもらったりしていることにたいして
本当に申し訳ない気持ちしかありませんでした

出席できなくて申し訳ありませんでした

出席していたわんこやママたちにも失礼なことをしてしまって
すいませんでした。



ご報告をかねて重い腰をあげた所です
もかちゃんママのブログから
かなりまえに保存した
写真が可愛くて・・・・可愛くて
毎日この写真を見ていました。

左がモカ
右がもかちゃん

モカのきょうだいです

本当によく似てる


2598.jpg



先月の29日
モカがお星様になりました

モカの最後は

たぶん(医者の話)
自転車の空気が抜けるように
プシューっと
自分でも何が起こったかわからないぐらいあっけなく
眠りについてそのまま・・・という状態だったのだろうということでした

パパと私に看取られてあっけなく逝ってしまいました

9歳と4ヶ月と2日目でした

私にとっては
自分の命より重い・・・
というか

モカとココから始って
モカとココで終わる
のが毎日の日課でしたから

もうすべてが
この仔たちだったので

1ヶ月たとうとしている
今でも
あけても暮れても悲しみと寂しさと
とにかく馬鹿みたいに泣きまくっています


この数日まで
ココアが点滴をうけていました
モカがなくなって
悲しんでるのは私と同様
ココアもだったのかもしれません

ココアがまだ2ヶ月にならないころに
家に来て
それからずっと9年間
毎日毎秒
モカとはずっといたので
仲良しではなかったけど(モカは一人っこがよかったタイプ)
気がむくと
ココアを誘って一緒にかけっこしてましたけど(たまに)

モカが遺骨になってしまった日
私がモカを抱いて
ココアに行ってくるねって兄ちゃんが言ってるよとココアに話しかけました
戻ってきたとき
私が遺骨を持って家に戻っていたけど
モカがいないので
ココアがきちがいのように
数分家中を探しました

その姿がほんと泣けた・・・
遺骨とココアを抱いて
涙が枯れるほど泣いた。

ココアは今でも最後にモカが寝ていた場所に
数分に1回
確認?に行ってます

その日から
ココアは生きてるか死んでるのかわからないような
様子になってしまって
数日医者に通って
点滴をうけて

3日前ころからやっと
口からご飯を食べるようになってくれました

大型犬に多い症状らしいですが
犬はもともと狼の習性をもっていて
群れをなして
生きていく習性があって
そのために上下関係があった場合
上のものが亡くなると
下のものは今までその仔の
真似?をして過ごしてきたのが
何をしていいのかわからない

そんな感じらしいです

確かにココアは
モカのおしっこをかけた上から
おしっこをかける自分では
匂いで探してしないタイプの子なので
年から年中
モカの尻尾を追いかけていることが多かったので

ココアがモカが最後倒れた時
ココアがどっか痛いのかと思うほど
オウオウ吼える?泣く?変な声を出したのは
本当に助けを求めていた?

モカの危機を感じ取ったんだと思います
だからモカが気力がなくなっているのを感じて
ココアが泣いたんじゃないかと思ってます



火葬は自宅の目の前で業者さんに頼み
その後妙蓮寺にもっていって
お経をあげていただきました

今は小さな骨になってしまったけど
まだ私の中で納める気にはならないので
家の中においてあります

私が亡くなる時は
モカもココアも一緒に入れてくれるように
家族や姪っ子にも頼んであるので
そうしてもらおうと思ってます
それまで
モカに逢えないのが悲しいけど

それまで待っててね
モカ 大好きだよ

愛してるよ。


今までモカと遊んでくれたワンコ達、ママたち
本当にありがとう
モカは幸せなワンコでした


母はまだ毎日何度も涙の池にはまっています
一日10回涙を流す数が
1日1回
3日に1回になるまで・・・

まだまだ時間がかかりそうです

時間があるときに

モカの発病と経過を記録したいので
書く気になったら書こうと思います



いくつになったの

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

お気に入りブログ

リンク

Poodle時計(Black)

モカとココアのプロフィール

MIX(マルプー)モカ♂とココア♂のママ

Author:MIX(マルプー)モカ♂とココア♂のママ
モカ♂
<特徴>
フレンドリー、虚弱体質
うちの中では一番えばりんぼう、ココアを完全に舎弟だと思っているw
マルプー (トイプードル&マルチーズ)
2007年6月27日生まれ
2、2㌔(2010年4月1日現在)

ココア♂
<特徴>
声がでかい、甘えん坊、
夜な夜な寝静まるとコタツ布団にマーキングするのが日々の日課
マルプー(マルプーとマルチーズのMIX)
2007年10月22日生まれ
3、5㌔(2010年4月1日現在)

モカとココアのママ(浜っ子)
写真が苦手、適当で大雑把な几帳面、
自画自賛なミーハー
スイーツとパン、カフェが好きな毒舌0型。

モカとココアの父(日本のチベット出身)
だらしがない、適当、時々神経質、
たまにぼーーーっとする(何を考えてるか解らない(でも実は何も考えてない適当自由人)
家畜なみの胃袋を持つ胃腸の弱いAB型

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ブロとも一覧


ちゅら りん☆てぃだ 海 ハッピー!

キャバリア ショコラン ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。